読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良馬ヒンヒン

思いつきを記録しています。下らぬものです。

映画「ボーダーライン」を観て

映画「ボーダーライン」を観ました。重たい犯罪映画です。

 

youtu.be

 

アリゾナ州フェニックスで不法移民数十人が誘拐される事件が起こる。突撃捜査に当たるケイトは若い女性ながら、五度の突撃成功の経験を持つホープ。彼女を補佐する相棒のレジーは軍隊上がりだが、まだ現場経験が浅い。

 

その後、大きな操作作戦に抜擢されたケイトは、メキシコに向けられるのだが、麻薬で汚染された荒廃した町の状況に戦慄する。やがて捜査の局面が大きく動き出す。

 

あまりにグロテスクな部分もあり、万人に勧められませんが、刑事もの、犯罪映画が好きな方、カーチェイス、メキシコでの麻薬汚染に関心がある人にはおすすめです。アクションもかっこいいというよりリアリティがあって、怖いくらいです。まったく情が通じない世界で、この先どうなるのか予想できず、ジェットコースター的でもあります。

 

という娯楽要素もあるのですが、それらを上回るメキシコ麻薬組織の残酷さ、非情さが静かな恐怖となって、この映画にあふれています。彼らはどこかに潜んでいて、必ず復讐を仕掛けてきます。それは本人ではなく、むしろ家族を盾に取るのです。この絶望と諦念が映画の背景に、低く深く常に響いています。その聴こえない音こそこの映画の本質のように思えます。

 

これ以上、文字で内容について語る映画ではないと思われますので、この辺で。

 

1 オデッセイ
  ディーパンの闘い
  スポットライト
4 ボーダーライン
5 ブラックスキャンダル
  ブリッジオブスパイ
  ザ・ブリザード
8 スターウォーズ
9 ドリームホーム