読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良馬ヒンヒン

思いつきを記録しています。下らぬものです。

ルールは死守するが、マナーは破る。

我々はルールには厳しい。

 

明文化されていれば厳格に守る。

 

守るのが生きがいくらい守る。

 

 

 

その分、もし守らない他人がいたら許さない。

 

自分に直接関係が無くても許さない。

 

 

 

 

しかしマナーは悪い。結構悪い。

 

ルールなら守るが、マナーは破る。

 

 

 

これはどういう違いですかね。

 

 

マナー違反に対して「関係ねぇよ!」という人も、ルール化して紙に書いて貼っておくと自然に守る。

 

なんだろうなー。

 

 

罰に対する反射的な心理なのかな。

 

なんとなく子供のころの学校や家庭での、ルールやマナーの教え方に起因してる気もする。

 

 

 

 

 厳しく育てられた子は場合によってはズルい子になる。

 

親や教師の、他人の目がないところには、ルールがない。

 

マナーしかない。

 

つまり自分しかいない。

 

マナーを律するのは自分。

 

他人が律するのがルール。

 

他人の物差しに合わせるのが得意なのかな。我々は他人本位なのかな。 

 

 

 

抑圧的なルールにストレスがあれば、反動的に他人が許せなくなるところもあると思う。

 

自分は舛添さん見てると、あーだこーだ言いたくなる。そういう願望があるんだな。

 

 

では世間の不倫問題にやたら厳しい人は、不倫願望があるのだろうか。

 

(ただし願望だけなら、それは心の自由でもある)