読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良馬ヒンヒン

思いつきを記録しています。

居酒屋で一人飲みしてると、こちらと同じくらいの年恰好の二人連れが、先客でいる。テレビは「はじめてのおつかい」を流している。小学校一年生くらいの子供たちが、はじめてのおつかいに奮闘している。

 

その様子をマスターと客三人で、合計四人の中年男が、眺めている。なんとも愛らしい様子に、みなでニコニコ見ている。

 

皆、無垢なるものが大好きだ。

 

初めは、自分自身がそうであった。それをふりまいて、周りを幸せにしていた。

 

己の無垢が薄れるころになると、強い友情関係や、恋愛関係にそれを求める。

 

そしてそれは結婚生活になり、我が子に求める。

 

我が子が巣立てば、ペットに求め、孫ができれば、孫に求める。

 

無垢なるものは、健康な心のガソリンだ。

 

しかしそれは自分の中から無くなったものを、外部に求める旅のようなものだ。永遠に外に向けて、探し続けなくてはならない、結構しんどいものだ。