読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良馬ヒンヒン

思いつきを記録しています。下らぬものです。

NHKのど自慢を見ていたら、熊本の荒尾市だった。

そこである男性が歌っていた望郷歌の、オリジナル歌手を紹介するテロップ部分に

ばってん荒川)と出ている。

 

懐かしくなってwikiってみました。

ばってん荒川 - Wikipedia

 

ばってん荒川の実父は漫才師の荒川九州男だが、生まれる前に東京へ出奔。

荒川は義父との折り合いが悪く、荒れた少年時代を送る。

 

18歳で熊本県郷土芸能「肥後にわか」の劇団「ばってん組」に入団し、

「お米ばあさん」の扮装をするようになる。

 

人気が全国区に広まり、ビートたけしなどに東京進出を勧められるが地方にとどまる。

たけしが頭を下げる少ない芸人の一人だった。

 

**********

 

ラジオからカントリーっぽいメロディーが流れてきて、いい歌だなと思った。

西野カナというシンガーの歌で「運命の人がいるのなら」という歌のサビだった。

 

調べてみると、どうもネットの世界では結構マイナスのイメージが強いみたい。

明るい若い女の子向けの歌詞だから、ネット世界の主調とは合わないだろうとは思う。

それは別として、よいメロディーとアレンジだった。

MVもアーリーカントリーっぽい雰囲気でやってる。

 

作編曲は山口隆志というギタリストのようである。

彼のホームページに行くと、マンドリンの写真なんかを背景に使ってる。

カントリー系好きなのかもしれませんね。

www.goodsan.info

 

youtu.be

 

アコースティックでやると、より良さが伝わりそうな気がした。

と思ったらやってる人たちがいた。

youtu.be