読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良馬ヒンヒン

思いつきを記録しています。

コミュニケーションの上手とは

思い付き

なかなか他人と話していて心から面白いと思うことはない。

 

その相手やその話がつまらないというのではなくて、こちらが面白い話を引き出せるような技術が足りないとか、面白がる知性が足りないからだろうと思う。

 

本来他人とは面白いことの塊なのだろうけれど、自分にはそれを味わう舌がないのだ。

 

それが上手い人がコミュニケーションの上手なのだろう。

 

ただ似たような仲間とワイワイやるのが、その達人でもなかろう。また他人に興味を持てないことを、相手のせいにするのも違う。

 

しかしなぜか他人の、それも年配者の多くの、ポツリポツリと話す思い出話の面白さや、味わいというのは、なかなかのものがある。

 

もはやコミュニケーションの向こうの言葉のように思える。

 

彼岸か。

 

思い出話は、言葉の終着点なのかな。