読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良馬ヒンヒン

思いつきを記録しています。下らぬものです。

あれから10年。吉田修一「悪人」、角田光代「八日目の蝉」

二つの小説はほぼ同時期に書かれた。

 

その二つには共通するものが多くある。

逃亡劇、犯罪小説、連れ合い、底辺生活、善悪、他者、真実…。

 

あの名作からもうそんなに経つのかと驚くけれど、

もう一度ページを繰ることで、この十年を振り返られるかもしれない気がする。