読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良馬ヒンヒン

思いつきを記録しています。

松本伊代さん騒動とネット離れ

松本伊代さんらが書類送検された話。

 

思い浮かべたのは、旧東ドイツを描いた映画、善き人のためのソナタ

 

インターネットには秘密警察がいて、夜となく昼となく他人を監視しているような世界になった。

 

もう自由なんてない。

 

その秘密警察は、誰からも頼まれるわけでもないのに自主的に活動しているらしい。

 

それがすごい。

 

ネットには情報をあげないほうが無難な状況となった。

 

 

 

 

街で知らない店を見かけたり、何かしら情報を得ようとして、ネットで検索すると、様々な情報が出てくる。

 

しかしその時一番ワクワクするのは、情報が上がってない時だ。

 

想像力が掻き立てられる。

 

 

 

 

もうインターネットに乗らないほうが、価値が高い世界が来てしまった。

 

ある意味ネット離れする世界が見えて来た。

 

健全な気がする。