読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良馬ヒンヒン

思いつきを記録しています。下らぬものです。

ヤマトの運送システムは、長い間掛けて、会社(主に現場)と利用者(≒国民)が作り上げたものだと言ってもいいと思う。

 

しかし後からやってきて、すでに出来上がったそれを、安く使い倒すamazon

 

それを歓迎する国民。

 

ヤマトも、amazonも、各々の分野でトップとなり、寡占状態。

 

新自由主義の競争主義の先は独占。

 

市場が独占される恐ろしさを我々はまだ実感していない。

 

それは「市場の独裁」。

 

目の前の損得や情報に左右されたことへの

しっぺ返しはじょじょにやってくるでしょう。

 

自業自得かも。