読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良馬ヒンヒン

思いつきを記録しています。下らぬものです。

キャッシュレス社会は来ません。(またはキャッシュレスは誰のため?)

先日、中国はすでにキャッシュレス社会だぞ、という記事がブックマークを集めていた。

kabumatome.doorblog.jp

 

こんな記事もありました。

newsphere.jp

 

 

日本はまだまだキャッシュレスではありません。

自分は実はそれはいいことだし、今後も続いてもいいのではないかと思うのです。

たしかに自分もスイカで移動するのは便利だなーと思いますが。

 

***

 

もう誰でも知ってるだろうことですが。

 

クレジットカードというのは、店側が手数料を払う。

物販で5%、飲食で7%くらい。

 

高いですよ。

消費税と合わせて内税額面より13%持っていかれりゃきついですよ。

 

まじめに利幅を削ってお客さんに尽くしているところほど

クレジットカードを導入しづらいですよ。

 

しかも店への振り込みが遅い。

ヘタすると二か月くらいかかる会社やケースがあると思う。

すると小さい店は現金のやりくりが大変になったりする。

 

そうすると、店には当然、現金の方がありがたい。

日本のお金は、偽札はまずないし、キレイ。

現金だから当然、手数料や金利や現金化が遅いなんてことはない。

 

それに対しクレカやキャッシュレスシステムは、

手数料がかかって、現金化が遅い。

 

現金って優秀だなー。

むしろ現金のお客さんに余計にサービスしたいくらいですよ。

売る側から見ればそれが当然。

 

店側から見ると現金に比べて、これらは不便だ。つまり信頼度が低いのだ。

そしてこの状態が、もう数十年そのまま放置されている。

 

・手数料が高い

・現金化遅い

 

ずーっとこの二つの問題を解決することができないままだ。

そりゃーキャッシュレス社会なんかきませんよ。

 

たまに現金オンリーの店を叩く人がいますが、構造が違うのだから仕方がない。

クレジット導入した方が集客効果がある、という人もいますが、

現状を見れば、その理由では現場を説得できていないということが分かります。

 

海外のクレカシステムは、店側からの手数料を当てにしていない。

すごくパーセントが低いらしい。伝聞だけど。

 

さらに偽札が多く、汚い札も多く、お釣りも準備しなけりゃいけないとしたら

カードより現金の方が信頼度が低い。

 

だから店側もカードを導入したがる。

べんりだから消費者もカードで決済したがる。

便利過ぎて使い過ぎる。

高い金利で前借するか、リボ払いで払う。

クレカ会社は消費者からの金利で潤う。

 

 

日本は消費者金融が盛んだったので、

クレカでキャッシングはあまり流行らなかったかもしれないが、

消費者金融も昨今斜陽のようだし、クレカのリボ払いも定着しつつあるようで、

やがて欧米に近づくかもしれない。

 

海外は消費者から手数料を取る。

日本はサービス側から手数料を取る。

この違い。

 

クレカ会社の事情と、利用者の都合だけ考えていてもダメです。

サービス側のニーズを満たしていないのです。

上記の二つの問題を関係諸所が解決できていないのです。

三方一両得にしなければ無理でしょう。

 

***

 

しかしそんなに現金が悪いのでしょうか。

キャッシュレスが進んでも、どこかで誰かが手数料を負担する仕組みは変わりません。

キャッシュレス社会になって喜ぶのはダレ?

 

関係会社はそりゃー潤うでしょうね。

システム屋さんもその中に入るでしょう。

そして管理する天下り先団体も潤うでしょうね。

 

結局、キャッシュレスを薦めている人たちって、

もしかしてポジショントークの側面が強いのではないでしょうか。

 

手数料利権に食い込みたいとか考えていたりして。

 

***

 

現金ってそんなに悪いものでしょうか。

これだけ信用のある現金通貨システムを保っている日本って素晴らしいと思うのです。

よその国の通貨管理がだらしないのです。

 

本当に国が主導でキャッシュレス社会を目指すなら、

手数料なしの、もしくはごく低価格の、キャッシュレス社会を研究するべきではないでしょうか。

 

でもそれはやらないじゃないですか。やってるのかな。

 

***

 

いまやコンビニで現金が24時間おろせます。

これ以上の仕組みが必要あるでしょうか。

他の国よりも信頼できる現金の流通する国。最高です。

 

本当にキャッシュレスに進んでいくのが100%正しいのでしょうか。

なんか胡散臭い。

 

ほんとうはキャッシュレス社会を目指しているのではなくて、

 まるで税金のように

  まるで税金のように

   まるで税金のように

国民が払った手数料が自然と「どこか」に流れ着くような

 だれかさん達にとって夢のようなしくみ

  だれかさん達にとって夢のようなしくみ

   だれかさん達にとって夢のようなしくみ

 

そんな社会を目指しているような気がします。

 

素敵な最先端の夢のような話をうのみにするのはやめましょう。