野良馬ヒンヒン

思いつきを記録しています。下らぬものです。

著名人の死でこんなに衝撃的で悲しくなったのは初めてだよ。 思えば団塊jr世代の最初のヒーローだったのでないか。 ありがとうとしか言えない。 これだけ長い期間コント師を貫いた人はいないと思う。

自己隔離のためのガイドラインがほしい

もし自分にコロナと疑われるような異変が起こったとすると、何を用意しておくべきだろう。重篤なら入院することになるけど、そこまで重症でない場合、自己隔離しなければいけない。 まず食料や消耗品を備蓄しておかないといけない。なるべく調理の手間などが…

政府に働かせるには、支持率を下げなきゃダメ

いつまでも支持率が高いから、調子に乗り続けている。 先日支持率不支持率が逆転した途端、(その内容が適切かどうかは別として)一斉休校という大胆な対策を打ち出した。 支持率が万年高ければ、自然、増上慢となる。 低ければ焦る。焦ってこっちに顔を向けて…

ワニ問題

数回読んだことのあったワニ漫画が最終回を迎えた。 さり気ない生活描写を結構気に入ったが、読んだのは5回くらいだろうか。どんな最終回になるのか気になって読んでみた。 納得感はあった。これがトンデモナイ死に方であっては、これまでの日常を淡々と描写…

希望者全員検査すべきというのは無茶があると思うけど 検査が増えると医療崩壊するという説もなんだか信じられない。 医療崩壊が怖いなら、医師が必要とした人を検査して、 軽症者は自宅待機、重症者は入院と振り分けたら良いのではないか。 しかしながらト…

耐熱性の樹脂製マスク

衛生用のマスクが売り切れだったけど、作業用のマスクを余らせていたことを思い出した。どれだけ効果あるのか分からないけど、無いよりいいと思って使用してる。 カップ型でプレスされた紙繊維製なんだけど、普通の衛生用より会話しやすくてよい。言ってみれ…

早春譜と知床旅情

ラジオで早春譜が流れているのだけど、知床旅情に似ている。 いや逆か。 あれ知床旅情ってこんな歌詞かな、と思ったら早春譜。 昔から似てるという指摘はあったらしい。 どちらも好きだけど。 Wiki 知床旅情 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%A5%E5%BA%…

他人の思い出話の甘さ

他人の自慢話や近況報告は、聞いていてもあんまりピンと来ないが、他人の思い出話というものはいいなあと思う。 高齢の人と顔を合わすことが多いのだけど、思い出話の宝庫だ。だけどあんまり立ち入ってもいけないし、なかなか引き出すのは意外と難しい。その…

オレの絶メシ 相模原 編 揚げ鶏の玉子あんかけ

相模原に住んでいたことがあった。 北口の長い商店街の一番奥に病院があって、その100mほど手前の西側にカウンターだけの小さな中華屋さんがあった。名前は忘れた。 中華料理というより、中華定食屋さんという風情だが、餃子やチャーハン、麺類と何を食べて…

酢あぶら

昔は野菜を生で食べることも少なく、地方ではサラダなんて戦後に一般化したらしい。 当然、出来合いのドレッシングなどなく、酢と油を混ぜて自家製の酢あぶらという「タレ」を作り、「洋風の和え物」みたいな感覚だったという。 親に聞いた話。 普通のことな…

生姜焼きの生姜抜きを食べたい

生姜の風味がいらないなあというときは、普通のポークソテーを食べたい。 生姜を抜いて生姜焼きをなんて頼みづらいので、結局他のを食べる。

上に高いものはみえるが、 下に深いものは見えない

だから深さは後から気づく 表現とは表に現すと書くが 本当に重要なものはみんな隠すだろう だから上等な表現は表さない 隠す

単に謝罪をさせたいだけでしょ

色んな騒動を見ていると、「正しい」を隠れ蓑にして、かさに着て 単に誰かを謝罪させたいだけなんじゃないかという気がしてくる。 カネがない世の中になって、能動的に自分の生活を楽しむより、 安いネットの世界で受け身になったまま誰かの不運を楽しみたい…

人権というのは、自分の嫌いな奴の権利を認めろよ、という話だし、 多様性というのも、自分の嫌いなタイプの人間も受け入れろよ、という話。 どちらも試されているのは自分だし、なかなか厳しい話。 偏見や差別心というのは誰の中にもあるのだから。

サブリースがやってきた。

ある日、家の玄関を開けて外を見ると、20代くらいの女性が目の前を横切って歩いて行った。自分は玄関から出て母屋の脇の犬走で2-3分、片付けの用を済ませた。 そして玄関に戻ると、母親と先ほど歩いて行ったはずの女性が話している。おやおやなんだろう、困…

LPサイズのジャケットだけ売ったらどうだろう。

https://dailyportalz.jp/kiji/enjoy_jakegai 「ジャケ買い」の楽しさをもう一度 これを読んで懐かしくなった。あまりやったことないけど、たまに覚えがあるジャケ買い。外れたっけなー。なんだっけあれ…。 レコードからCDに移行してもう30年だ。 それなのに…

プラスチックのマスクを再利用して、色付きにしたら良いと思う。タオルでもいい

新型コロナの流行でマスクが足りないという事態になりつつあるようです。自分は作業用のカップマスクを箱で持っていたので、当座はまだ良いのですが、こういうことにも備えておく時代になったようです。 昔のマスクはガーゼ式の物しかないのですが、これは結…

正月明けから読んだ本が全部当たりだったので、備忘録として書いておきたい。 新刊は一つもない 山田太一 あめりか物語 篠原勝之 骨風 町山智浩 アメリカのめっちゃスゴい女性たち 山崎まどか イノセントガールズ

電話のコールは10回までにしてください。

親族に電話の呼び出しコールを延々と鳴らす人がいる。 風呂に入っていたり、休んでいたり、手を離せない家事や作業していたりすると、すぐに出れないことがある。 向こうはお構いなしに電話を鳴らし続けるので、仕方なしに中断して出ると、どうでも良い内容…

小泉進次郎さんは育休を取られます。 そのこと自体は良いことです。 しかし彼は労働者ではなく、大臣という特別職です。 組織のトップであり、会社なら取締役です。 自分だけ育休をとって、部下である環境省職員には取らせないということはないでしょう。隗…

小学校低学年のころは毎週土曜日のドリフの8時だよ!全員集合が楽しみだった。視聴率100%男の欽ちゃんの番組もまだまだ大人気だった。 小学校三年生の夏休みにひょうきん族に出会ってからは、ビートたけしファンになり中学校の途中までそれが楽しみだった。…

the WHOの新作カッコよかった。 やっぱりピートってすごいな。 74歳だよ。

いつもよりちょっと良いだけのジャンクフード

職場の付き合いで毎年クリスマスになると、コンビニのケーキの予約票が回ってくる。 自分はケーキはいらないから、同じパンフに載ってるクリスマス用の料理(?)を注文する。 ちょっと良いチキンやサンドイッチ、ピザなんか。 でもそれはよく考えたら、いつも…

他人を属性で判断するのって、血液型占いと大して変わらないような気がする。 極論の一種だけど、極端な人って何かに怯えてるように感じる。 怯えから偏向に走るような。 自分がそのように判断されるのが怖いのかな。

我々の半分は、どれだけ生活が地盤沈下しても、選挙にはいかない。

我々の半分は、どれだけ生活が地盤沈下しても、選挙にはいかない。 首を絞められてもニヤニヤ笑っているだけ。 子供が蹴飛ばされてもヘラヘラしているだけ。

体に無害な麻薬

有名人の麻薬汚染が話題ですが、中毒性もなく、体に無害で多幸感を得られる麻薬は、現代の科学でも製造できないものでしょうか。それがあれば、孤独や不幸の多くは解決できるのでは。優しさの偏在の問題や、よしよしハウスの必要もなくなるのでは。 また足腰…

日常系ドキュメンタリー番組、求ム

水曜の9時から、関東ではテレビ東京で「家ついて行っていいですか」という番組をやっているのだけど、これが楽しみ。 普通の人の普通の家庭を見せてもらうだけなのだけど、色んな人生が垣間見えて興味深い。結構ホロリとさせられたりすることも多い。 以前は…

軽口を叩くのは政治家の仕事ではない

マラソン問題

アクアラインを行ったり来たりしたらどうか。涼しそうだし、管理も楽そうだ

今のところのスカーレットのよさ

朝ドラ・スカーレットのよいところは、生活や人物描写が丁寧なところ。会話や人柄の楽しさが共感を呼んでいるのではないか。 近年というよりこの20年くらいの朝ドラは、女の子が大きな夢をかなえるために努力まい進するというのがパターンだけど、食傷気味。…