読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良馬ヒンヒン

思いつきを記録しています。

生活

玄関ドアの内側ノブの台座のネジがゆるまってしまった。締め付けると、すでにねじ溝がバカになっていて、それはそれで緩まってしまう状態になった。つまり常にゆるゆる。

 

ホームセンターに行ったが、もう40年近く経つドアなので、錠前本体が廃盤となり、DIY的には替えられない。ネット上でいろいろ質問しても、解決できず、鍵屋さんを呼んで交換してもらうしかないかなー、という状況になった。

 

しかしいろいろ調べても、少なくとも2、3万から。もし古いドアだから、特注部分もでてくる…みたいな話になると、もっとかかる…。

 

しかし台座(専門用語でロウズというらしい)がゆるみさえしなければよい。オイルを塗るタイプのネジロック剤でも、最初だけ固くて、やがてゆるみそう。

 

台座に穴をあけて木ネジを打つかと思ったけど、ドアの素材が金属板だし、きれいにできる自信もない。

 

二三日頭をひねったり、ホームセンターと往復したけど、うまく解決できない。ちょっとした知恵でなんとかなりそうなきもするのだが・・・それをプロを呼んでお金で解決というのも寂しい。ネジはゆるいが、状況はこう着状態。

 

しかーし、水栓系やガス栓系の配管パイプのネジ溝から、水や気体の漏れを防ぐために隙間をなくすシールテープというものがある。これを巻いたらネジのゆるみ止めにもなって、いいんじゃないの、という思い付きが功を奏し、今のところ解決状態。

 

ボルト系ねじが緩んだら、シールテープをお試しください。