読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良馬ヒンヒン

思いつきを記録しています。下らぬものです。

改めてアラバマシェイクスがカッコイイ。偏見こそ真実か

数年前にデビューしたときの1stアルバムは、サザンソウルとガレージパンクが合体したようなシンプルなかっこよさだった。これにしびれて、2ndを待ちわびました。それがどうもグラミーなどをもらったらしいけど、個人的には、これはちょっとよくわからない方向に行ってしまったようだった。残念だなーと思っていたけど、youtubeでライブ映像を見つけました。やっぱりかっこいいねー。

 

 

 

こういう生々しい音楽が、もう一度復権するような気がしてきました。

 

自分の好みの音楽の傾向は、雑でもいいから「生々しいこと」「質感があること」という感じです。

 

またこのバンドはメンバーの見た感じが、いかにもちょっとダメな人っぽいのが、とても素敵。そういう目で見てるのが偏見かもしれないけど、むしろ親近感だから許してほしい。このボーカルの女性の存在感を見よ、ベースやドラムのヒゲぼうぼう具合を見よ、キーボードのオタク臭さを見よ、これが多様性だよ、全員集合。このメンバーに会場が熱狂しているよ。もしかしてこれが未来かも。

 

そして偏見こそ真実だったりしないだろうか。ダメ人間が世界を変えないだろうかと中年中二病に浸りたくなる日もあります。