読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良馬ヒンヒン

思いつきを記録しています。

生活 思い付き

先日、古ーい、古ーい銭湯に行った。

 

もう大正時代からの建物だ。

だからと言って、ヴィンテージというかんじではなく、ただ古い。

遠くから見ると、お化け屋敷かと思う。

 

そこの番台にいたおばちゃんと少し話をする。

外国から来た方なので、100%の意思疎通は難しい。

でも、また来てね、と言ってくれたので、また行く。

お世話様、ありがとう、と言って出てきた。

 

我々消費者は、商人に感謝をしない。

されるのが当然だと思っている。

商人が愚痴などこぼせば、ビジネスモデルガー、などと小僧のくせに利いた風な口をきく。

 

ただし、関西の人は、やはり商人の町、大阪を中心としているからか、商人を大事にしている感じがする。観光地で関西弁のおばちゃんが、買い物終えた後に「ありがとう」というのを何度も聞いた。関東の人は意外と言わないのだ。それに気づいてからは、なるべくありがとうや、おいしかった、と付け加えるようにしてる。

 

ここで頑張っててくれて、ありがとう、他にないサービスを提供していてくれてありがとう、という気持ちも有っていいと思う。だからまたあの銭湯に行こう。