読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良馬ヒンヒン

思いつきを記録しています。下らぬものです。

オザケンと村上春樹はファン層が重なってそう

昨日のオザケンは、結構よかった。

 

歌はセカンドのころのオザケン節という感じで悪くなかった。

(音程もむかしからあんな感じだったと思う)

 

もっとシンプルにルーツロックぽい感じでファーストに近づいてくれたらもっといいなーと思う。

 

ニュースゼロのインタビューでは「アメリカのブルースが好き」「自分は消費物だった」といった内容の発言があったらしく、見てないけど字面通りの意味だとすると、それにはすごく心動かされる気がする。

 

*

 

しかし自分も含め、なんでこんなにみんなでオザケンで大騒ぎするのだろう。

 

個人的には別にファースト以外はあんまり興味なかった。

 

でも、ある意味90年代のアイコンの一人だったなぁ。

 

なにか琴線に触れるものがあるのだ。

 

それにしても昨日のMSは一つに画面にX、オザケン、AKB、タモリ、というスゴイ幕の内弁当振りでした。

 

*

 

時を同じくして、村上春樹の新作も昨日。

 

なんとなく二人のファン層って重なってそう。

 

自分自身は、共に好きな作品はあるけど、ハマってはなかった、という感じだった。

 

*

 

なんとなくシンプルに洗練されていて、生活感なくて、インテリで、という、それこそそういう「消費」のされ方が似てるのかも。本人の意図とは別に、もしくは意図した以上に、ファンがそのように消費することを楽しんでいると、本人はズレを感じるかもしれないけど。それがオザケンの「消費物」発言につながったのかもしれないと思う。

 

いやもちろんそれだけではない、と思うのだけど、上手く捉えきれない。