読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良馬ヒンヒン

思いつきを記録しています。

着るものに興味がないのはなぜか。

着るものに無頓着です。

 

なんでかなー。友人はやたらと着るものに凝り性な人がいる。理解できないと思いながら、その服や身に着けるもののウンチクを聞いていると、なるほど面白いね、と思うこともある。

 

しかし友人のウンチクは、やや後付けに聞こえることもある。自分が良い衣服を買い、身に着けるための裏付け。贅沢への言い訳の傾向がある気がする。行為の後ろに理屈があるとなんとなく落ち着くのかもしれない。

 

自分も、モノとしての面白さは分かる。でもそれを自分の身に着けようとは思わない。

 

この差はなんだろ。

 

衣服とは外界へのメッセージでもあろうとおもう。自分の存在のアピールかもしれない。店なら看板か。

 

小売店なら看板や店構えに気を遣うだろう。そう考えると、自分を商売に例えるとすれば、ろくろく看板も掲げないような職人や小さな工場のような、華やかな商品のその裏側の商売なんだろうな。出来上がったものを見てくれ、仕事を評価してくれ、みたいな。