野良馬ヒンヒン

思いつきを記録しています。下らぬものです。

約束の地、メンフィス を観てきた

www.curiouscope.jp

 

メンフィスは、60-70年代の南部ソウルのメッカ。

その当時の関係者の多くが鬼籍に入ったが、

まだ存命のミュージシャンが、新しい世代と交流しセッションをする。

 

スタックスの60年代を中心に、ハイレーベルなどのエピソードを絡めて、

かつての記憶をたどりつつ、新世代とのセッションや交流の様子を見せる。

ヒップホップ世代とブラックミュージックの源流を交わらせる。

 

セッションは10に及び、有名参加ミュージシャンは、テレンス・ハワード/メイヴィス・ステイプルズ/スヌープ・ドッグブッカーT.ジョーンズ/ホッジズ・ブラザーズ(ハイ・リズム)/ ウィリアム・ベル/チャールズ・スキップ・ピッツ/デニス・グラハム/チャーリー・マッスルホワイト/ボビー・ブルー・ブランド/リルPナット/オーティス・クレイ

 

中にはこれが最後のセッションになった参加者も多い。マッスルホワイトやBBブランド、アル・ベル、オーティス・クレイ、ホッジズ・ブラザーズなどは特に現在の様子を観れるのは貴重。

 

見応えはあるけど、もっと話を聞きたい関係者も思い浮かぶ。スティーブ・クロッパーや撮影時まだ元気だったろうダック・ダンなど。

 

あと10年早ければ、あの人もこの人も話を聞けたろう、という人もいる。姉弟でSTAXのレーベルオーナーだった姉のエステル・アクストンなど。後期の社長のアル・ベルの記憶はどちらかというと黄金時代の後の話だと思う。

 

当時の音楽よりも、現在のセッションがメインであり、ラップ/ヒップホップとの融合も多い。そうするとリズムが大分現代的にアレンジされていたりして当時のリズム感とはだいぶ違う。古い曲をベースに、新しいリズムで、という趣向なので、音楽的にちょっと違うと思う人もいるかもしれないが、そこはまあしょうがないと思って観るしかない。

 

ラップが好きな人は最後にスヌープのセッションが待ってる。スヌープは大分メンフィス音楽が好きらしく、人柄も落ち着いていて、よく知らない世代やメンフィスファンが見ていても、安心できる。

 

ハイレーベルのホッジズ・ブラザーズのティーニーも最後のセッション。伝説的な存在の最後。マッスルホワイトは深い声とブルースハープがカッコよく、穏やかな人柄も素敵だった。

 

シネマカリテのマッスルショールズに続き、そばのケイズシネマでこの映画が観れた。こういう音楽映画はなかなか上映されないので、とてもありがたい。できればアトラティックレコードの名プロデューサー(アレサからノラ・ジョーンズまで!)

の伝記映画も映画館で観たい!

bmr.jp

 

ディック・リーがやってくる

昨日、シンガポールの歌手、ディック・リーを思い出していた。

アジアと欧米のポップスを掛け合わせたような不思議で知性的な音楽を作る人だった。

ある時からパタッと音沙汰がなくなった。

元々デザイナーでイベンターで実業家だったらしく、音楽活動は一時停止したらしい。

 

BSでシンガポールのタクシーのドキュメンタリーを見ていて思い出した。

ディック・リーは何をしてるんだろう。

 

と思って調べたら、7/1大阪と7/2横浜に22年ぶりに来日し、公演を行うという!

youtu.be

大阪

ロイヤルホースライブ情報

 

横浜

www.motionblue.co.jp

 

youtu.be

youtu.be

 

 

イチ政治家のうちはシンパや友達身内に便宜を計るというのも、

良くはないけど、まあ分かる。

 

しかし総理大臣というのは、それではいけない。

全国民に対しての行政の長であり、それは平等でなければならない。

右も左もなく、友達か否かもない。

 

相撲で言う横綱か。

大関までの相撲取りとは立場が違う。

いやもはや行司かもしれない。

土俵の上で神であり、身内や己のために存在しているわけではない。

 

そんなことは建前であって、現実は違うとも言える。

しかし建前は厳然としてあって、総理になったからには、

その辺は身ぎれいにしていなくてはならない。

そうでないからこそ、こうして停滞を招く。

 

もう総理だからとむしろ身内に厳しくするくらいでいいはず。

その辺の脇の甘さみたいなものが、稚拙に感じる。

 

そもそもの悲願の憲法問題も、祖父から引き継いだものであった。

もうとにかく、身内身内の自己愛垂れ流しに見える。

 

しかし身内を大切にする分、しっぽを切るときは手厳しい。

まるで粛清だ。

森友のダンナの虚無感漂う表情は、あれほどまでに強かった思い入れを断ち切られたゆえの失望に見える。

そもそもは志を一つにしていた同志であったのに。

 

身内への甘さと離反への粛清。

まるで共産主義の国の独裁者たちと同じことをしているように見える。

彼らもまた、国を守るため、という大儀のためであった。

向上心の角度

すごく向上心のある同級生がいる。

むずかしい本をとにかくたくさん読む。

そしてその話を沢山してくれる。

長広舌で独演会。口を挟むと嫌がる。

でも難しいのでわからない。 

 

悩みは、周りが話を聞いてくれないこと。

むずかしすぎて、話の量が多すぎて伝わらない。

若干煙たがれている。

家庭でもこの調子でしっくり来ていないよう。

 

難しいことを学ぶことが信仰のようになっていて、

中毒になっている様子。

「素晴らしいもの」「すごいもの」を追い求める。

その価値に自己を投影し同一化しているようだ。

 

自分の中で孤高の空を飛んでいるみたい。 

しかし飛んでいく高さや方向や方法。

どれもジタバタと不器用すぎて、危なっかしい。

 

向上心が強いというのは良いことだ。

しかし良いことほど依存しやすい。

だれも口を挟みにくいから。

 

その強さは、現状が肯定できていないという背景のせいかもしれない。

現在を受け入れていないからではないか、と言うと、

もっと上を目指したいという。

 

しかしもう中年になって、周りや自分をありのまま受け入れていけないというのは

ちょっとした不幸のように感じる。

 

向上心があったほうがいいと思うが、

それが急角度になるほど、不安定になるように見える。

 

緩やかな角度くらいの方が、現実と折り合いが付きやすいのではないか。

円満な人間には、もう何も足す必要はないのだから。

広告を非表示にする

今年はおぼん・こぼん結成52周年

おぼん・こぼん師匠は学生時代の1965年に結成・デビュー、吉本系の劇場に出た後東京進出。師匠につかない最初期のコンビ。東京進出後、お笑いスター誕生で10週勝ち抜いた。漫才協会理事。浅草東洋館などに多く出演。ベテランながら今でもコンクールやオーディションに参加。 おぼん・こぼん - Wikipedia より

 

youtu.be

youtu.be

タップダンスも得意。

 

勢いのいい漫才が気持ちいですね。

 

「老害」の若いころ 拓郎・かぐや姫嬬恋コンサート

今から42年前の1975年に、つま恋で行われたコンサート。

その開催準備からのドキュメントフィルム。

 

序盤には、観客の若者たち世代がけっこう多く出てくる。

二十歳くらいで、男も女もみんな可愛らしい。

 

そうすると今、皆60代になったくらいかな。

団塊というには少し遅めだけど、みんなの嫌いな老害というには充分だろうか。

youtu.be

こうしてみると、若者はいつも若者で、素朴で伸び伸びしていて愛らしい。

今も昔もあまり変わらないのだ。

 

当時の若者たちも、戦中世代と軋轢があり、だからこそメッセージの強い音楽を求め、自由を求めた。きっとそれは今の若者以上だろう。

 

今も昔も若者は変わらない。だとしたら、どこで「老害」になったのだろうか。

いや本当に彼らは老害なのだろうか。

もしかしたら今の若者も、いずれ同じようになるのだろうか。

 

今から11年前、前回より31年後のつま恋コンサート。途中で観客たちを移すシーンも多い。

youtu.be

 

安住アナの切手

TBS安住アナは切手収集が趣味らしく、

ラジオに届くメールへの返礼葉書に自分で選んだ切手を貼るらしい。

しかもメールの内容に沿った切手を貼るという。

 

フライドチキンの話題のメールに対しては鳥の切手

夫婦の話題には夫婦の切手

子供に関するメールには、ミッフィーの切手など。

 

安住さんはこういう細かいところがおもしろい。

1:15:15頃から

youtu.be

広告を非表示にする

知人の趣味のあるグループから、ひとりが退いた。

 

グループは元々クラスメイトが中心の緩やかな仲間だった。

それがある一人の趣味にみんなが参加するようになり、

趣味のグループになっていった。

 

趣味の世界は入り込むほど、細かな部分にこだわりたくなってくる。

その細かな差異を共有できないと、仲がきしみ始めたりする。

 

あるとき、ひとりのメンバーがグループを抜けたいと漏らし始めた。

もうこれ以上、友達とギスギスしたくない、だから友達グループを抜ける。

そういうことだった。

 

これ以上一緒にいたら、もっと仲が悪くなる。

何かをあきらめなければならない。

だからここで関係を終わらせよう。

最後の最後までドライブするのはやめよう、という話だったらしい。

 

ちょっと考えさせられた。

Aマッソ面白くなりそうなのだが

Aマッソの漫才をラジオで聴いた。

 

「江夏が丸なっておもろない」

「おぼんこぼんが…」

と中年というより初期高齢者向けのワードが飛び出してくる。

マニアック系なのだ。

 

それを二十代の女の子たちがやってるという構造が面白い。

 

ただそのまま聞いてすごく面白い、茶の間が大うけ、

若者がリツイート、というタイプではないと思う。

漫才の運びが、上手いというわけでもない。

スターになりたい、みたいな感じでもない。

どうなってくのか、想像つかないのが良い。

 

そして、しれっとつまらないことを言う。

これが不思議。

うけなくてもいいんだよ、という感じ。

やさグレてるのか、そうでもない。

 

受けないことを分かっていて、

つまらないことを言ってみる、

というのが、どういう狙いなのかわからない。

わからないけど、どうもわざと続けてるような感じが、興味深い。

 

ラーメンズのコントみたいな感じなのか。

ラーメンズ知らないけど。

 

聴いてる人間をただ翻弄したいだけにも聴こえる。

 

いや、これはシュール系か。

シュールな演劇を漫才でやってるような感じなのか。

演劇方面につながったりして。

TBSラジオ 爆笑問題の日曜サンデー より。

 

原付バイクの販売台数が激減らしい。

いつも原付を乗っている自分としても、複雑だ。

 

減るのはよくわかる。

番組内でも話されていたけど、ルールが現代にあっていない。

 

二段階右折は面倒くさいし、

スピード30km/h規制も現実ばなれしてるし、

運送にかんしても積載量が30kgは少ないようだ。

 

「原付自転車」というくらいで、

60年くらい前に小さいエンジンのついた自転車が流行り始めたときにできた

交通ルールらしい。今でいう電動自転車のようなもの。

 

こういう部分は見直されないのに、バイクに不利な部分は法改正が進んだ。 

例えば、駐車違反がきびしくなったということもあるらしい。

「自転車」なのに駐車違反は自動車なみに厳しい。

ずいぶん前にヘルメット着用になったけど、これにより女性は離れたらしい。

 

そして排ガス規制も厳しくなっている。

むしろ排気量が小さいので他よりエコなのに。

 

数年後はもう見かけなくなるかもしれないと思うと、早めに買い替えようかなと思う。

 

FMの男性パーソナリティ

FMラジオにたまに出てくる、なんとなく軽薄な中年男性パーソナリティーたちは、いったいどこからやってくるのだろうか。(なんとなく海の方にいそうな気がする)

 

AM民からすると別の世界のようだ。

 

かと言って特別調べる気にもならない。

カズレーザーは昔のダリルホールに似てると思う

あの独特の佇まい。どこかで見たことがあると思っていた。

youtu.be

 

youtu.be

なんで爺さんというのは、他人の話を聞けなくなるのか。

それでいて、何か起こると他人のせいにする。

 

石原慎太郎

これは僕がいってるんじゃなくて、松井孝典がいってるんだけど、“文明がもたらしたもっとも悪しき有害なものは「ババア」”なんだそうだ。“女性が生殖能力を失っても生きているってのは無駄で罪です”って。男は80、90歳でも生殖能力があるけれど、女は閉経してしまったら子供を生む能力はない。」

と話したとある。ババア発言 - Wikipedia

 

本当にそういったのか、もちろんその場にいないからわからない。

実際には逆で、男の方がもっと役に立たないのが、本当のところ。

家事はできないし、他人の言うことは聞かないし、

その分周りがフォローしなくてはならない。

 

女の人はその逆で、身の回りのことはできるし、

孫の面倒までねんごろに見ている人も多い。

女の人は歳をとっても、自分の事だけでなく、家族に貢献することまでできる。

 

男が老いても、仮に生殖能力があったって、自分のこともままならない爺さんが

子供作ったってしょうがない。

 

歳をとったら、わきまえた爺さんになりたいものでです。